サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ジョージ・ラッセル、ボッタスとのクラッシュでメルセデスとの関係が悪化することはない?|F1エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です
 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースで、メルセデスのバルテリ・ボッタスと接触。両者リタイアしただけではなく、その後両ドライバーの間では、舌戦が展開されることになった。

 この事故についてスチュワードは”レーシングインシデント”だったとして、いずれのドライバーにもペナルティは科されなかった。しかしメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは「彼には学ぶべきことがたくさんある」と語り、ラッセルをたしなめた。ラッセルは事故の翌日、今回の件について謝罪するコメントを自身のSNSに投稿した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン