サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ、CX-8ベースのコロナ感染者搬送車両を開発 専用の排気システム採用

ここから本文です
 マツダは5日、医療支援の一環として新型コロナウイルス感染症の軽症患者らを搬送する車両を提供したと発表した。大型SUV「CX―8」をベースに、前席と後席との間に大型の窓を備えた隔壁を装備することで感染リスクを低減する。同日から順次、計9台を広島県に納車し、県内の医療機関で活用していく。

 搬送車両は、行政や医療機関からの要望を踏まえマツダが開発、マツダE&Tが架装を担当した。前後の席の間に隔壁を設け、後席に追加装備した排気システム(リアベンチレーション)によって圧力差を作ることで、後席から前席への空気流入を抑制する。

おすすめのニュース

サイトトップへ