サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ソニーが渋谷にミニ四駆を音と光と映像で彩る新感覚サーキットを期間限定オープン

ここから本文です

ソニーが渋谷にミニ四駆を音と光と映像で彩る新感覚サーキットを期間限定オープン

ソニーが2月13日、渋谷の商業施設「渋谷モディ」1階にあるソニーの情報発信拠点、「ソニースクエア渋谷プロジェクト」にサーキット場をオープンしました。

といってもさほど広くない店内にあるのはミニ四駆専用のサーキット。これだけだと、家電量販店の模型売り場にもありそうですが、ちょっと違うのは“ソニーならではのテクノロジーを使った新感覚のレースアクティビティ”だということ。

「High Speed Colors-ソニーとつくる、新感覚サーキット-」と名付けられたこのアクティビティは、ソニーの高速ビジョンセンシング技術を使って、高速で疾走するミニ四駆のボディに、リアルタイムで映像を追従マッピングさせつつ、サーキットのコース自体にも映像を投影することで、家電量販店とは違うエンターテインメントなミニ四駆サーキットを展開しようというもの。

コースおよびミニ四駆へマッピングする映像は、人気バンドのKing Gnu(キングヌー)のリーダー、常田大希氏が率いるクリエイティブ集団「PERIMETRON(ペリメトロン)」が手掛けたもの。投影されるPOPな映像は、レトロゲーム風のものから、近未来のような世界観など複数パターンが存在するそう。

実際に一般のゲストがミニ四駆を走らせられるそうで、参加者はミニ四駆のボディとボディにマッピングするメインカラー、サブカラー、そしてサーキットを彩る映像パターンを選択可能。

ミニ四駆を走らせた後は、その様子をおさめたオリジナル動画がプレゼントされるそう。1レースにつき、2人ずつ体験が可能で、選択できる組み合わせのパターンは180通りに及ぶとのことです。

そもそも、1/1000秒という速さで物体の認識、追跡ができるソニーの高速ビジョンセンサー「IMX382」が搭載されたカメラシステムを使って、サーキットを高速で走行するミニ四駆をリアルタイムにトラッキングして、その予測アルゴリズムによって遅延を感じさせない自然なプロジェクションを体感してもらうためのイベントですが、ひとまず4月下旬までやっているそうなので、ミニ四駆世代の皆さんや親子で楽しんでいる皆さんは、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します