サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「ホンダの現状はKTMの初年度みたい……」エスパルガロ弟、苦戦続きでも好転の予感はアリ

ここから本文です
 2021年MotoGPシーズンはこれまで7戦を終了した時点で、コンストラクターズポイントにおいて全6メーカー中5位にホンダがつけている。そのホンダでは最新型のRC213Vを操る全ライダーが苦戦を強いられている状況だ。

 カタールでの実りある5日間のプレシーズンテストを終え、開幕2連戦となったカタールでのレースで表彰台争いのライダーに近いペースとは裏肌に、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)も、ベストリザルトは8位とホンダ初年度はまだ期待に応えられるような結果を残せていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン