サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「文句なしに満足」レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、テスト好感触。アルボンもマシンの改善に手応え

ここから本文です

「文句なしに満足」レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、テスト好感触。アルボンもマシンの改善に手応え

「文句なしに満足」レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、テスト好感触。アルボンもマシンの改善に手応え

 F1プレシーズンテストの前半3日間が終了した。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは3日目午前中にマシンのステアリングを握り、86周を走行。ロングランを中心にテストを進めた。

 最終的にフェルスタッペンのタイムは8番手だったが、彼はラップタイムにはこだわっていないと、チームのプレスリリースに語った。

■ホンダPU勢は3日間で“855周”走破。「有意義なテスト前半になった」と田辺TD

「今日も周回を重ねることができました。テスト1週目は、マシンの理解を深めようと取り組んでいるので、とても重要なことです」

「まだラップタイムにはこだわっていません。まずは、マシンのすべてを確認しながらテストをして、各所がきちんと機能するか、そして信頼性はどうかを見極めることに注力しています」

 なおフェルスタッペンはこの3日間で合計254周と、スペインGPのレース4回分に近い距離を走行した。彼はテスト1周目に“文句なし”と高評価を与えた。

「とてもいいテストになりましたし、マシンの感触はずっとよかったです。まだ学ぶことは多くありますが、1周目終了時点としては文句なしに満足しています」

 また、チームメイトのアレクサンダー・アルボンも、ロングラン中心に83周の走行をこなしている。アルボンはトラックに出るたびにマシンが改善されていると、好感触を得られたと語った。

「今週は信頼性の確認とシステムチェックを最優先に行い、すべてがスムーズに進みました。マシンの感触はよく、トラックに出るたびにどんどん改善されていきました」

「今はこのマシンでの走行経験を重ねていき、メルボルンに備えてパフォーマンスを上げることのみに集中しています。昨年と比べると競争力があると感じていますし、確実に前進できています。全力で作業を進めてきたので、来週の第2回テストに向けた準備はできたと思います」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します