サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自、都内初の災害時協力協定を港区と締結 アウトランダーPHEV など貸し出し

ここから本文です

三菱自動車は1月21日、東京都港区および同区に本社を置く港三菱自動車販売と災害時協力協定を締結したと発表した。

同協定は、災害発生時に三菱自動車製の電動車を速やかに提供できる体制づくりを2022年度までに全国の自治体と目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」の一環で、港区は全国で18例目、都内では初となる。

災害時協力協定の締結は、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電等に活用できる『アウトランダーPHEV』などの電動車をタイムリーに被災地・避難所等へ貸し出すことが目的。

おすすめのニュース

サイトトップへ