サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】アウディの開発チームがテストする「フォルクスワーゲンID.4」ソックリのプロトタイプは何者?

ここから本文です

【スクープ】アウディの開発チームがテストする「フォルクスワーゲンID.4」ソックリのプロトタイプは何者?

「Q3」と「Q5」の中間に位置付けられる独自の新型EVクロスーバー

アウディの開発チームがスウェーデン北部に持ち込んだ開発車両の中から、謎の1台が発見された。その開発車両は、これまでにも目撃されているフォルクスワーゲンのピュアEV「ID. 4」(仮称)の開発車両と酷似。しかし3つのフィンを装備するフロントのコーナーエアインテーク、ルーフスポイラー、リヤウインドーの傾斜、そしてテールライトなどが異なるなど、それとは別のプロトタイプであることが判明した。

ニコンとジウジアーロ、コンタックスとポルシェデザインに続くアウディとライカの名作カメラ【Style in motion 029】

そこで、秘密裡に関係者とコンタクトを取ったところ、この車両はアウディの新型ピュアEVのSUVモデル、「Q4 e-tron」のプロトタイプであることが明らかになった。Q4 e-tronは、その車名の通り「Q3」と「Q5」の間を埋めるモデルで2019年にはコンセプトモデルが公開。市販型では、ID.4と「MEB」アーキテクチャーを共有する。

搭載する電気モーターは前後に2基。最高出力はフロントが102hp、リヤは204hpを発揮し、システム合計で306hpになるという。組み合わせるバッテリーの総電力量は82kWhに達し、WLTPサイクルでの航続距離は280マイル(450km)。高出力の充電システムを介すれば30分で8割の充電が完了するほか、0~100km/h加速は6.3秒、最高速度は180km/h(リミッターが介入)というパフォーマンスが与えられる。

また、Q4 e-tronでは最新のEVらしいエンタテインメント性の高い装備を採用。外装では、25通りの照射パターンを持つヘッドライトとテールライトをオーナーが好みでカスタマイズできる機能が与えられるという。

そのデビュー時期だが、新型コロナウイルスの影響で現段階では未定。しかし、、2020年内には初公開されることが確実で、正式な車名は「Q4 e-tronクワトロ」との説が有力だ。





 

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します