サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > AT車は「P」や「N」じゃなきゃ始動しないのになぜ? ブレーキを踏まないとクルマのエンジンがかからないワケ

ここから本文です

 ブレーキを踏ませるのは誤発進を抑制するため

 2ペダルの自動車のエンジンを始動させるとき、最近のモデルであれば必ずブレーキを踏んでいないとエンジンが始動しないようになっている。また、3ペダルのMT車の場合はクラッチペダルを踏みこまないとエンジンがかからなくなっているが、どちらも理由は簡単で誤発進を防ぐためである。

メーカーの独自色を出してどうする! 操作や名称を統一すべきクルマの装備9選

 MT車の場合、万が一ギヤがニュートラルではなくどこかに入っている状態でエンジンをかけてしまうと、セルモーターの力でエンジンが回り、そのまま車両が動き出してしまう。

おすすめのニュース

サイトトップへ