サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】レクサス CT200hは豪華版プリウスではない。乗り味や剛性感はまったくの別ものだった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、レクサス CT200h(プロトタイプ)だ。

レクサス CT200h(2010年:プロトタイプ)
今年(編集部註:2010年)春のジュネーブ モーターショーで存在が明らかになったCT200hは、レクサス ブランド初の5ドアハッチバックで、最小サイズのエントリーモデルという重責を担う。今回、デビュー間近のプロトタイプに試乗する機会を得た。

おすすめのニュース

サイトトップへ