現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 未だ通用する[実力車]!? 天才タマゴと呼ばれた[初代エスティマ]の凄さって?

ここから本文です

未だ通用する[実力車]!? 天才タマゴと呼ばれた[初代エスティマ]の凄さって?

掲載 17
未だ通用する[実力車]!? 天才タマゴと呼ばれた[初代エスティマ]の凄さって?

 1990年に登場した初代エスティマ。天才タマゴと言われるパッケージングやデザインは秀逸であるが、エスティマの凄いところはこんなもんじゃない! その工夫は細部にわたり、今でも十二分に通用する実力をもつ。エスティマの細かなこだわりを見ていくと、エスティマがただの天才ではないことが分かったぞ。

文:佐々木 亘/写真:TOYOTA ほか

未だ通用する[実力車]!? 天才タマゴと呼ばれた[初代エスティマ]の凄さって?

■商用バンの乗用車仕様じゃない! 運転席の位置が純乗用車の証

1990年登場の初代トヨタ エスティマ。商用車から生まれたのではなく、純然たる乗用車として誕生した

 初代から最終型まで、エスティマ最大の特徴は「優れたドライバーズシート」にある。

 1990年当時、多人数乗車ができるクルマは、商用バンを起源にしているものが多かった。トヨタではタウンエースがいい例だ。キャブオーバーでタイヤの上にドアや運転席がある。これが、日本における一般的な多人数乗車できるクルマのカタチだった。

 この当たり前を大きく覆したのがエスティマである。エンジンこそミッドシップレイアウトだが、運転席のドアはフロントタイヤの後ろに置かれ、シートポジションも低い。よじ登ることなくクルマに乗れるというのは、新しい感覚であった。

 ペダル位置やステアリングの取付角度などを、セダン寄りに作り上げ、あくまでも乗用車であることにこだわっている。計器類も最適な運転姿勢を確保するように、隅々まで工夫されたエスティマは、数値で表現される性能だけでは計れない、高い実力を持っているのだ。

■フロアが最近のクルマよりもフラットすぎる!

初代トヨタ エスティマのインパネ。ウォークスルー実現のためコラム式シフトレバーを採用し、レバー式パーキングブレーキは運転席の右側に置くという念の入れようだった

 初代エスティマがこだわったのが「ウォークスルー」の実現。そのため、シフトレバーはコラム式になり、パーキングブレーキはレバー式にもかかわらず、運転席の右側に置かれた。一般的には左手で引き上げるサイドブレーキレバーを、あえて運転席ドア側にして実現したウォークスルーエリアには、障害物が全くない。

 さらに車内を歩きやすくするため、フロアのフラット化には心血を注いだ。室内設計に基本段階から配慮したことがうかがえる。

 2×2×3の7人乗りであるエスティマは、2列目までがキャプテンシート。運転席から3列目まで、何も気にせず歩いていける計算し尽くされたスペース設計が凄い。

 また、現在のキャプテンシートミニバンのように、2列目シートに前後スライド機構などは備わっていないのだが、それが余計にフロアカーペットを綺麗に仕上げている。スライド用のレールが無いものだから、床一面が途切れることなくカーペット敷きだ。

 見方によっては、こちらの方が一体感があり、広く優雅に見えてくる。

■回転シートに防汚シートって! まさに気分はファーストクラス?

努力に勝る天才なし。「天才タマゴ」エスティマは技術者たちの努力から生まれた天才なのだ

 最後に、エスティマの洗練された座席の工夫を2つ紹介しよう。

 1つ目は、180度回転する2列目シートだ。2列目シートがぐるりと回り、3列目シートと対面する。30系の一部グレードにも2列目回転シートが用意されていた。エスティマと言えばコレと言える装備だ。

 実際に後ろを向いた状態で走行するのはお勧めしないが、車内での小休止時は良い雰囲気を作り出す。混み合った高速道路SAのレストランではなく、お弁当を持ってきて、家族4人が向かい合って車内で食事するにはもってこいだ。

 シートが汚れるから車内での飲食は嫌という方もご安心を。エスティマの高級フルファブリックシートでは、フッ素樹脂加工を施したシート表皮を使用していた。飲み物をこぼしても簡単に拭き取れるし、汚れも残りにくい。完全防汚ではないが、この時代のシートとしては画期的な付加価値だ。

 天才エスティマは、突然変異的ではなく、地道な積み重ねで作り上げられた。努力の結果生み出された天才なのだ。天才タマゴは、細部にまで宿る技術者の熱い魂が生み出した、努力の産物なのである。

【画像ギャラリー】100パーセントの努力で誕生した天才!! 初代トヨタ エスティマと歴代「天才タマゴ」の系譜(11枚)

投稿 未だ通用する[実力車]!? 天才タマゴと呼ばれた[初代エスティマ]の凄さって? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

シンプルでも機能は万全! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
シンプルでも機能は万全! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
えええ、DIYなの!? 完成度ヤバ!! ベンツが市販化しなかったコンセプトカーをクルマ好きが自作した衝撃
えええ、DIYなの!? 完成度ヤバ!! ベンツが市販化しなかったコンセプトカーをクルマ好きが自作した衝撃
ベストカーWeb
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
ベストカーWeb
外車も良いけど国産車もアリ!! 今こそ日本車のワケ
外車も良いけど国産車もアリ!! 今こそ日本車のワケ
ベストカーWeb
ダイハツ BEVコンセプトカー「ミーモ」 インドネシアのモーターショーに出展
ダイハツ BEVコンセプトカー「ミーモ」 インドネシアのモーターショーに出展
グーネット
「レンジローバースポーツSV」限定コレクション発表 古代神話と宇宙モチーフの特別仕様車
「レンジローバースポーツSV」限定コレクション発表 古代神話と宇宙モチーフの特別仕様車
グーネット
ポルシェ 新型電動SUV「マカン」予約受注スタート!ラインアップに2モデル追加
ポルシェ 新型電動SUV「マカン」予約受注スタート!ラインアップに2モデル追加
グーネット
自転車の違反者が青切符!? 気になるこれからの取り締まり事情!
自転車の違反者が青切符!? 気になるこれからの取り締まり事情!
ベストカーWeb
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
ベストカーWeb
メルセデス・ベンツの「気配り設計」に感動! 世界一歴史のあるメーカーは、世界一ひとにやさしいクルマを作っていました
メルセデス・ベンツの「気配り設計」に感動! 世界一歴史のあるメーカーは、世界一ひとにやさしいクルマを作っていました
Auto Messe Web
NISMOブランドが欧州市場に復活! ニッサン『アリア・ニスモ』をヨーロッパで発売へ
NISMOブランドが欧州市場に復活! ニッサン『アリア・ニスモ』をヨーロッパで発売へ
AUTOSPORT web
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
AUTOCAR JAPAN
BMW「イセッタ」に英国製3輪モデルがあった!? 燕三条の職人気質に通じる「モノづくり」を感じて2年前に入手しました
BMW「イセッタ」に英国製3輪モデルがあった!? 燕三条の職人気質に通じる「モノづくり」を感じて2年前に入手しました
Auto Messe Web
日産 新「NISMO」モデル、7月18日16時発表!シルエットの正体は…?
日産 新「NISMO」モデル、7月18日16時発表!シルエットの正体は…?
グーネット
日産「アリア NISMO」欧州市場デビュー!40周年迎えるNISMOブランドが欧州で復活
日産「アリア NISMO」欧州市場デビュー!40周年迎えるNISMOブランドが欧州で復活
グーネット
ランドローバー、史上最もダイナミックな『ディフェンダー・オクタ』を公開。V8ツインターボの最高出力は635PSに
ランドローバー、史上最もダイナミックな『ディフェンダー・オクタ』を公開。V8ツインターボの最高出力は635PSに
AUTOSPORT web
700馬力超え! 新型「V8スポーツ“セダン”」公開! “FRモード”ありでめちゃ楽しそう! ド迫力な専用エアロも超カッコイイ「M5」独で発表
700馬力超え! 新型「V8スポーツ“セダン”」公開! “FRモード”ありでめちゃ楽しそう! ド迫力な専用エアロも超カッコイイ「M5」独で発表
くるまのニュース
新型V10ハイパーカー クリスチャン・ホーナー「F1が捨てた良い要素すべて」 レッドブルRB17
新型V10ハイパーカー クリスチャン・ホーナー「F1が捨てた良い要素すべて」 レッドブルRB17
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

17件
  • せぴあ
    発表当時、ディラーに赤のエスティマが展示されているのを見て「いつかはエスティマ」と決意したのを覚えている。300万くらいだったかな?
    斬新なフォルム。未来的なメーターまわり。
    もうあんな車に出会えないだろうな。
  • ssn********
    このタイミングで記事に取り上げたと言うことは、あのYOUTUBERのファンか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8590.0万円

中古車を検索
エスティマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8590.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村