サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ウイリアムズ家、F1チーム売却を偲んで【連載第16回:熱田護のF1勝手に片思い】

ここから本文です

1995年のシーズン。
マイケル・シューマッハ選手の実力とベネトンのシャーシ&ルノーエンジンの組み合わせは、この年も圧倒的で全17戦中、9勝を挙げて2年連続でワールドタイトルを獲得しました。
どんどん、シューマッハ選手への求心力が高まり、人気も急上昇という時代に突入です。

デーモン・ヒル選手。
ご存知の方は多いと思いますが、お父さんは偉大なチャンピオンのグラハム・ヒルさん。
二世ドライバーがこの後続々と出てきますが、そのはしりですね。
僕の印象としては、際立ったスピードは感じられなかったけれど堅実なレース運びでポイントは獲得するイメージ。

おすすめのニュース

サイトトップへ