サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第19回前編】スプリント予選のタイヤ選択は的中。ドライバーは難コースにも慌てず適応

ここから本文です
 2021年シーズンで6年目を迎えたハースF1チームと小松礼雄エンジニアリングディレクター。アメリカ大陸最後のレースとなった第19戦ブラジルGPでは、今季3回目のスプリント予選が行われた。過去2戦以上にタイヤ選択が別れたが、ハースはいい判断を下せたという。舞台となるインテルラゴス・サーキットの攻略は容易ではないが、ドライバーふたりはFP1から慌てずにしっかりと取り組めたとのことだ。

 コラム第19回は、前編・後編の2本立てでお届け。前編となる今回は、ブラジルGPの現場の事情を小松エンジニアが振り返ります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ