サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 日産 スカイライン の可能性を2つのデザインで提案、メーカーならではのまとまり…東京オートサロン2020

ここから本文です

日産自動車は東京オートサロン2020で、方向性の異なる『スカイライン』のコンセプトカーを2台展示した。

まず1台は、高性能グレード「スカイライン400R」をカスタマイズした「スカイライン400R スプリント・コンセプト」だ。スカイラインのデザインを壊すことなくフロントバンパーにリップスポイラー、サイドシルスポイラー、リアバンパーまでエアロパーツで見事につながっている。足回りは20インチのレイズ製鍛造アルミホイールだ。

「一般のお客様が自分で頑張ってカスタマイズしたらこの辺まではできるんじゃないかな、と思って作っています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン