サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 交通違反で異なる切符の色は3種類! 赤・青・白、反則金や処分の違いは?

ここから本文です

赤は”前科”のつく可能性あり

 通常、交通違反をすると渡されるのが、いわゆる”切符”と呼ばれるもの。反則金の納付書と一緒に渡される書類で、よく見ると色が違うことに気がつく。具体的には白、青、赤の3種類で、その違いはご存知だろうか。今回は、改めて切符の色の違いについてみてみよう。

クルマのリアフォグ点灯はマナー違反! 知らずに使っている人が急増中

 一般的なのが青切符で、違反をしたことがある人のなかで、一番よく“目にする”色だろう。薄い青色をしているからこう呼ばれるが、正式には「交通反則告知書」と呼ばれ、点数が加算され(引かれ)、反則金も付く場合に用いられる。

おすすめのニュース

サイトトップへ