サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【250ccスポーツバイク比較検証】Ninja ZX-25R・CBR250RR・YZF-R25・Ninja250・GSX250R〈エンジン&メカニズム編〉

ここから本文です

【250ccスポーツバイク比較検証】Ninja ZX-25R・CBR250RR・YZF-R25・Ninja250・GSX250R〈エンジン&メカニズム編〉

250cc・4気筒モデルとして2020年内に販売されるであろうカワサキNinja ZX-25Rと、対抗する現行の2気筒フルカウルスポーツたち。
ZX-25Rの4気筒ユニットのパワーがどれほどのものなのかも気になるところだが、それ以外のメカニズムもクラストップレベルでまとめられている。ライバル4車のメカにも注目だ。

カワサキ Ninja ZX-25R
45PSなるか!? 注目の4気筒
ZX-25Rのメカニズムは250スポーツの常識をはるかに超えたレベル。いまや唯一となった4気筒エンジンはもちろん、ラムエアシステム、電子制御スロットル、パワーモード、トラクションコントロール、アップ/ダウン対応のクイックシフターなど、その内容はもはやリッタークラスなみの装備だ。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

現時点ではIMUを装備しているかは不明だが、この内容だと装備している可能性もありそう。フレームはスチールトレリスフレームが用意され、足回りはフロントにショーワのSFF-BPフォークを採用、ブレーキキャリパーもクラス唯一のラジアルマウントとしている。リアショックは10Rのようにホリゾンタルマウントだ。

KAWASAKI Ninja ZX-25R 発表されているスペック
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:249cc
変速機形式:6速リターン
ブレーキ形式 前・後:シングルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ 前・後:110/70R17・150/60R17

詳細な解説記事
ホンダ CBR250RR
鋭い走りはまさにスーパースポーツ
ニンジャとほぼ同じ、ショートストロークのCBR専用設計のDOHC4バルブツインを採用。ダウンドラフト吸気やツインマフラー、このクラス唯一のライドバイワイヤを採用して3段階のライディングモードを持つなどライバルを一歩リードしている。

Honda CBR250RR 主なスペックと価格
全長×全幅×全高:2,065×725×1,095mm
ホイールベース:1,390mm
最低地上高:145mm
シート高:790mm
車両重量:165kg〈ABSは167kg〉
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:249cc
ボア×ストローク:62.0×41.3mm
圧縮比:11.5
最高出力:28kW(38PS)/12,500rpm
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/11,000rpm
燃料タンク容量:14L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:24.30゜
トレール量:92mm
タイヤサイズ(前・後):110/70R17M/C 54H・140/70R17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込):80万3,000円
ABSは82万1,700円(グランプリレッドは85万4,700円)

インプレ記事
ヤマハ YZF-R25
スポーツ志向を強めて進化
先代モデルから大きな変更はなかったものの、高回転高出力に偏ることなく、ライバルメーカーの中でもっとも低回転から高回転までワイドバンドで力強さを感じさせるのがYZF-R25。兄弟モデルYZF-R3はボアが8mm広い320ccエンジンを搭載。

YAMAHA YZF-R25 主なスペックと価格
全長×全幅×全高:2,090×730×1,140mm
ホイールベース:1,380mm
最低地上高:160mm
シート高:780mm
車両重量:167kg〈ABSは170kg〉
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:249cc
ボア×ストローク:60.0×44.1mm
圧縮比:11.6
最高出力:26kW(35PS)/12,000rpm
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/10,000rpm
燃料タンク容量:14L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:25.00゜
トレール量:95mm
タイヤサイズ(前・後):110/70-17M/C 54S・140/70-17M/C 66S
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込):61万500円
ABSは65万4,500円

インプレ記事
カワサキ Ninja250
スポーツモデルながら懐も深い
3代目となって完成度を増したニンジャ250は、兄弟モデルの400と基本設計がほぼ同じ。吸排気系を一新し、バランサーを追加したことで、高性能と快適性をアップさせている。アシスト&スリッパークラッチを装備し、特にクラッチワークの軽さは特筆もの。

KAWASAKI Ninja250 主なスペックと価格
全長×全幅×全高:1,990×710×1,125mm
ホイールベース:1,370mm
最低地上高:145mm
シート高:795mm
車両重量:166kg
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:248cc
ボア×ストローク:62.0×41.2mm
圧縮比:11.6
最高出力:27kW(37PS)/12,500rpm
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/10,000rpm
燃料タンク容量:14L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:24.3゜
トレール量:90mm
タイヤサイズ(前・後):110/70-17M/C 54H・140/70-17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込):65万4,500円

インプレ記事
スズキ GSX250R
スムーズなフィールが魅力
旧GSR系のSOHC2バルブツインは、他のモデルと比べると非力さは否めないが、低回転からの穏やかなトルク特性、高回転域のスムーズな伸びが人気の秘密。特に市街地での扱いやすさはクラストップといえるもので、初心者からエキスパートまでファン層が幅広いのも特徴。

SUZUKI GSX250R 主なスペックと価格
全長×全幅×全高:2,085×740×1,110mm
ホイールベース:1,430mm
最低地上高:160mm
シート高:790mm
車両重量:178kg
エンジン形式:水冷4ストSOHC2バルブ並列2気筒
総排気量:248cc
ボア×ストローク:53.5×55.2mm
圧縮比:11.5
最高出力:18kW(24PS)/8,000rpm
最大トルク:22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量:15L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:25.35゜
トレール量:104mm
タイヤサイズ(前・後):110/80-17M/C 57H・140/70-17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込):53万6,800円
トリトンブルーメタリックNo.2は54万8,900円

インプレ記事
文:太田安治・中村浩史・月刊オートバイ編集部/写真:南 孝幸・森 浩輔・島村栄二

月刊『オートバイ』最新3月号では、現在の2気筒250ccと80~90年代の4気筒250ccの対決をお楽しみいただけます!
【250ccスポーツバイク比較検証】スタイリング編
【250ccスポーツバイク比較検証】装備・メーター・足つき性編
[ アルバム : 5機種のスポーツのバイクの写真をまとめて見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します