サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネン「リリースを合図する信号にトラブルがあり、マゼピンと接触した」:アルファロメオ F1第11戦決勝

ここから本文です

 2021年F1第11戦ハンガリーGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは11位、アントニオ・ジョビナッツィは14位で終えた。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=11位(暫定結果)
 スタート直後に起きたことは、こういうコンディションでは十分にありうることだった。つまり、大混乱のオープニングラップと、あちこちで起きるハプニングだ。

アストンマーティンF1、ベッテルの失格裁定に対し上訴の意志を表明。リザルトは暫定扱いに/F1第11戦

 ペナルティを科されるまでは、見通しは決して悪くなかったのだが、あれでレースは台無しになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ