サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1代表、新スポンサー巡る批判に謝罪。2017年大規模火災に関連疑われる企業に遺族が声

ここから本文です
 12月3日から開催されているF1サウジアラビアGPに先駆けて、メルセデスは建築材料を扱うキングスパンとの新たなスポンサー契約を発表。しかし、このスポンサー契約には批判が寄せられ、トト・ウルフ代表が謝罪する事態となった。

 メルセデスが新たにキングスパンとスポンサー契約を結んだことが批判されている背景には、2017年に英国・ロンドン西部で発生したタワーマンション火災(グレンフェル・タワー)がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン