サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 外観だけでなくインテリアにも! Honda eに埋め込まれたあの名車のモチーフとは?

ここから本文です

外観だけでなくインテリアにも! Honda eに埋め込まれたあの名車のモチーフとは?

今年導入されるというホンダのコンパクトEV(電気自動車)、Honda eのデザインが欧州で賞を受けたというニュースが入ってきた。このように評価の高いHonda eのデザインだが、そこには過去のホンダの名車達のDNAが受け継がれている。REPORT:ニューモデル速報編集部

 ホンダが発表したリリースによると、Honda eが受賞したのは世界的に権威のあるデザインに関する賞のひとつ、「レッド・ドット・デザイン賞」。プロダクトデザイン賞(自動車)において「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞、さらにスマート・プロダクト部門においても「レッド・ドット賞」を受賞したとのこと。

東京オートサロン2020年のトヨタブースで見られるぞ

 そんなHonda eのデザインに埋め込まれたホンダの過去の名車モチーフとは……?

 まずはその顔。ボディ幅いっぱいに配した丸目ヘッドライトと、その左右を一本のグリルで繋ぐ、というのは最近のホンダ軽自動車に共通するデザインコンセプトだ。

その最近のホンダ軽自動車の顔つきの流れをつくったのは、今年の東京オートサロンで次世代モデルのプロトタイプが展示されたN-ONEだ。

 そして、N-ONEがモチーフにしたのが、ホンダ初の軽乗用車であるN360。現在のホンダ軽自動車の「Nシリーズ」の名称も、もちろんこのN360を踏まえてのネーミングだ。丸目ヘッドライトとその間を一直線のグリルで繋ぐというデザインコンセプトは、Nシリーズ、さらにはHonda eにまで受け継がれているわけなのだ。


Honda eのインテリアデザインははここから来た!?

 さて、Honda eが受け継ぐのはエクステリアデザインだけではない。インテリアに目を向けてみると、左右一杯に展開したモニターが目を引く。そしてもう一つの特徴が、棚のようなダッシュデザインだ。


 この内装デザインの源流と思わせるモノは、かつての軽バンであるライフステップバン/ライフピックアップにあるのだ。

 ちなみにこのステップバン/ピックアップの顔つき、見ておわかりの通りN-WGN標準車に受け継がれている。

 このように、過去の名車のイメージを巧みに取り込んだデザインが評価されたHonda e。国内の導入は今年の後半ともウワサされている。早く実車を見たい!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します