サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱 エアトレックが大型化&EVになって中国で復活! 航続距離は約520kmの大容量バッテリーを搭載

ここから本文です

三菱自動車の中国資本である広汽三菱は、新型電気自動車(EV)「エアトレック」を2021年11月28日まで中国で開催されている広州モーターショーで世界初披露した。中国では2014年からEVやプラグインハイブリッド車など新エネルギー車の普及に力を入れており、大都市を中心にEV需要が高まっている。こうした背景もあって、中国で初披露の運びとなったのだろう。

ダイナミックシールドを採用するなど三菱らしいデザイン!

この記事の画像ギャラリーを見る(全5枚)

エアトレックは2001年から2005年まで日本で販売されていたクロスオーバーSUVだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン