サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2020年シーズンのFIA F3、強豪プレマとARTのシート出揃う。若手有望株がラインアップ

ここから本文です

2020年シーズンのFIA F3、強豪プレマとARTのシート出揃う。若手有望株がラインアップ

2020年シーズンのFIA F3、強豪プレマとARTのシート出揃う。若手有望株がラインアップ

 2019年のFIA F3でドライバーズランキングの1~3位を独占するなど、文字通りシーズンを席巻したプレマ・レーシング。彼らは2020年シーズンのドライバーにオスカー・ピアストリを起用することを発表した。

 ピアストリはオーストラリア出身の18歳。2019年はフォーミュラルノー・ユーロカップに参戦し、見事チャンピオンを獲得した。同カテゴリーはバルテリ・ボッタス、ランド・ノリスといった現役F1ドライバーも歴代チャンピオンに名を連ねている。

■未来のF1チャンピオンは俺だッ! 注目の若手海外ドライバー10選

 また、ピアストリがルノー・スポール・アカデミーの一員となることも発表された。これによって彼はルノーの育成ドライバーとしてサポートを受けることとなる。

「プレマ・レーシングの一員としてFIA F3にステップアップし、2020年シーズンを戦えることにとても興奮している」とピアストリは語った。

「フォーミュラルノー・ユーロカップでは2年間素晴らしい経験をしてきた。この(F3)レベルのドライバーたちを相手に、自分自身の実力を試せるのが待ちきれないよ」

「2020年にルノー・スポール・アカデミーの一員になれたことも素晴らしいことだ。そこには多くの才能あふれるドライバーたちがいるから、彼らからできるだけ多くのことを学びたいと思っている」

 これでプレマは、2020年のF3に参戦する3人のドライバーを全て発表した形となった。ピアストリのチームメイトとなるのは、2019年のフォーミュラ・リージョナル欧州選手権チャンピオンのフレデリック・ベスティと、昨年カーリンからF3デビューを果たしランキング19位となったローガン・サージェントだ。

 GP3時代からの常勝チームであるARTグランプリも、既にドライバーラインアップを明らかにしている。中でも、弱冠16歳でステップアップを果たした昨年のADAC F4(ドイツF4)チャンピオン、テオ・ポシェールは注目と言えよう。

 さらに既報の通り、HWAも今季の布陣を発表済みで、F3での経験豊富なジェイク・ヒューズが残留し、エンツォ・フィッティパルディとジャック・ドゥーハンが新たに加わることとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します