サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ2戦目で初ポールのアレジ、強気のアタックが奏功「少しリスクを背負ってでも攻めようと思った」

ここから本文です
 今シーズンのスーパーフォーミュラ(SF)では、公式予選で野尻智紀(MUGEN)や大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)、福住仁嶺&笹原右京らがトップ3を独占し、決勝でも野尻が2連勝を飾るなど、HONDA/M-TEC HR-417Eエンジンを使用するドライバーが見事なパフォーマンスを見せてきた。これを受けて開催されたシリーズ第3戦のオートポリス・ラウンドではジュリアーノ・アレジ&宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM'S)、阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)と、TOYOTA/TRD 01Fを使用するルーキー3人が公式予選のトップ3を独占した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン