サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > デイトナ24時間:アストンマーティン、負傷したポール・ダラ・ラナの代役決定

ここから本文です

デイトナ24時間:アストンマーティン、負傷したポール・ダラ・ラナの代役決定

デイトナ24時間:アストンマーティン、負傷したポール・ダラ・ラナの代役決定

 アストンマーティン・レーシング(AMR)は1月23~26日、アメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われるデイトナ24時間レースのドライバーラインアップを変更し、アンドリュー・ワトソンが負傷したポール・ダラ・ラナの代役を務めることを明らかにした。

 FIA国際自動車連盟が定めるドライバーグレードにおいてシルバーに分類されるイギリス人ドライバーのワトソンは、元F1ドライバーのペドロ・ラミーをはじめ、マティアス・ラウダ、ロス・ガンというメンバーとともにアストンマーティン・レーシングがGTD(GTデイトナ)クラスで走らせる98号車アストンマーティン・バンテージGT3をシェアする。

IMSA:アストンマーティンのダラ・ラナ、スキー中の負傷でデイトナ24時間を欠場へ

 当初、このアストンマーティンに搭乗予定だったダラ・ラナは1月上旬に行われたオフィシャルテスト“ロア・ビフォア・ロレックス24”の直前、スキー中に足首を負傷。これによりテストはもちろん本戦への出場が困難となった。

 2017年のWEC世界耐久選手権GTE Amクラス王者の離脱は、チームに短い期間で代わりのドライバーを見つける仕事を与えることになった。そんななかAMRはファクトリージュニアドライバーのひとりであるワトソンに白羽の矢を立てた。

■WECではライバルチームに所属

24歳の彼は2019年、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ・エンデュランスカップ(旧ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ)でアストンマーティン・バンテージGT3をドライブした経験を持つ。

 また、2019/20年シーズンのWEC GTE Amクラスではダラ・ラナ組98号車アストンマーティンのライバルである、ガルフ・レーシングの86号車ポルシェ911 RSRでシリーズを戦っている。

「(ロレックス24への挑戦は)僕にとって素晴らしいチャンスだ」と語ったワトソン。

「僕ができることを証明し続ける機会を与えてくれたアストンマーティンにとても感謝している。僕はバンテージGT3をよく知っている。昨シーズンはヨーロッパでレースをしていたからね」

「レースはすぐにやってくるけれど、可能な限り最善を尽くしチームが好結果を出すための準備に集中している」

「アメリカでは今まで一度もレースをしたことないなかで、ロレックス24が初出場になるなんて衝撃的だよ。だけど、僕たちのチームは素晴らしいラインアップが揃った。レースでも競争力があるはずだ」

■「彼らの幸運を祈っている」とダラ・ラナ

 ジェントルマンドライバーであるダラ・ラナは過去5年間、WECでチームメイトだったラミーとラウダとともに毎年デイトナに挑んできた。しかし、2020年はここ10年で初めてレースに参加しないことが決まり、2010年から続いた連続出場がストップすることになった。

 なお、彼はアストンマーティン・レーシングから参戦しているWECの次戦第5戦ローン・スター・ル・マンでは怪我から回復し、トラックに戻ることが期待されている。

 ダラ・ラナは「ロレックス24に参加できないのは本当に残念だ」とコメント。

「このレースは私の心にもっとも近いイベントで、我々が未完のビジネスを展開しているアストンマーティンとのタッグでは特にね」

「しかし、私の古いチームメイトであるマット(マティアス・ラウダ)とペドロ(・ラミー)、そして現在のWECのパートナーであるロス(・ガン)に幸運が訪れることを祈るとともに、アンドリューがこんなにも早くメンバーに加わってくれたことに感謝したい」

「本当にタフなレースだが強力なクルーとチームだ。彼らの幸運を心から祈っている。一方、僕は2月にサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)でバンテージのコクピットに戻るのが待ちきれないんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します