サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 僕は人種差別主義者じゃない! ルクレール、レース前に片膝をつかない理由を説明

ここから本文です

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、人種差別の根絶を全面的に支持しているにも関わらず、レース前に片膝をつくジェスチャーをしていない少数派のドライバーだ。

Read Also:

■ベッテル、反人種差別に対するFIAとF1の態度に”失望”したと明かす

ベッテル、反人種差別に対するFIAとF1の態度に”失望”したと明かす
ハミルトン、グロージャンの”反人種差別”への想いに感謝
 ルクレールは、ガゼッタ・デッロ・スポルト紙のインタビューで自身のスタンスを説明。反人種差別の抗議活動が暴力と結びついてしまっていることから、彼は片膝をつくことは望んでいないと話した。

「僕は人種差別に反対しているし、僕はそれと戦っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ