サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタと豊田自動織機、外販用の燃料電池モジュールを開発 自動車、船舶、鉄道、産業機械など幅広い用途へ

ここから本文です
 トヨタ自動車と豊田自動織機は26日、外販用の燃料電池(FC)モジュールを開発したと発表した。昨年12月に発売した燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」のFCスタックに昇圧コンバーターや冷却用ポンプ、エア供給用コンプレッサーなどを組み込んだ。両社で幅広い定格出力のFCモジュールをそろえ、同業他社をはじめ、船舶や鉄道、産業機械、定置用発電など幅広い製造事業者に今春から順次発売する。

 適合性を広げるため、トヨタは縦型と横型、定格出力60kW/80kWの合わせて4タイプを用意。豊田自動織機は8kW仕様を今回発表し、24kW、50kW仕様を開発していることも明らかにした。

おすすめのニュース

サイトトップへ