サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > XC90から始まった新世代ボルボへの「ときめき」。それを生んだ天才デザイナーに、拍手と喝さいを

ここから本文です

XC90から始まった新世代ボルボへの「ときめき」。それを生んだ天才デザイナーに、拍手と喝さいを

ニューモデルの登場は、多かれ少なかれ心ときめくもの。だが2代目ボルボ XC90のフルモデルチェンジは中でも、そうとうセンセーショナルだったように思う。その時感じたときめきは、未だに色あせることがない。

温もり漂うアナログの世界感から、一足飛びに時代を超越
2012年、ハッチバックとしてはかつてないほどスタイリッシュな、2世代目V40がデビューした。P1800以来の時代を超越するかのようなかっこよさには、思い切り痺れた記憶がある。正直、少し忘れかけていたボルボデザインに対するときめきが、復活した瞬間だった。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

そして2014年、さらなる衝撃的なモデルが新型XC90として発表された時、またもや度肝を抜かれてしまったのだ。もちろん一気にシャープな印象に生まれ変わったエクステリアデザインのインパクトはすごかったけれど、それ以上に驚かされたのが、そのインターフェイスの革新ぶりだった。

シンプルな造形とともにすっきりまとめあげられながら、同時に豊かな上質感が溢れている。まるで電卓のように数字のキーが並んでいたそれまでのアナログなインターフェイスとのギャップが、ものすごかったことを、未だに思い出す。

世界でもっとも称賛されるべきデザイナー&デザインに選出
もちろん、そんな車内で過ごす時間がいつだって穏やかで心地いいことに、変わりはない。ボルボのトラディショナルな魅力をけっして損なうことなく、2・3世代分のバージョンアップを果たしてしまったような素晴らしいインテリアを生み出したデザイナーに、心底拍手を送りたい気分だった。

いや、今でもチャンスがあれば、ぜひお会いしてお話を伺い、賛辞を贈りたいものだ。なにしろ2017年から、ボルボのデザイン本部長を務めているロビン・ペイジ氏こそが、XC90が世界から絶賛を受けた当時のインテリア・デザイン部門の責任者(担当副社長)だったのだから。

2015年6月、ロビン・ペイジ氏は権威あるデザインイベント「オートモーティブ・インテリア・エキスポ2015」で、XC90の飛躍的な進化を賞する形で「インテリア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。XC90は量産車部門でももっとも高い評価を受け、栄冠が授与されている。ペイジ氏はその際、「ボルボは豊かな所有体験を想像することに重点を置いています」と語っていた。

スカンジナビアン デザインと高いプレミアム性との幸せな融合
ペイジ氏の持つ「豊かな所有体験」に対する価値観は、ジャガーやロールスロイス、ベントレーといった英国発の超プレミアムモデルのインテリア・デザインに携わってきたことで育まれた感性に基づくものであることは、間違いないだろう。

とくにロールスロイス時代にはビスポーク部門で王室向けの車両を手掛け、さらにベントレーではコンチネンタルGTなどやはり新しい時代の感性を具現化した新型車のインテリアデザインを担当していたというから、もともと人並外れた才能の持ち主だったわけだ。

興味深いのは英国生まれのそんなペイジ氏が、スウェーデンに居を移し生活する中で「スカンジナビアン デザイン」の息吹を身に着け、見事にそれを体現してきたところだろう。

一般的にスカンジナビアン デザインの本質は、色鮮やかな色使い、シンプルな線使い、自然由来のアースカラーを多用しながら、機能性を重視している点にあるという。持っているものを長く使う耐久性も、その特徴として含まれる。ペイジ氏自身はそうした要素を合わせて「非常に高いクオリティ オブ ライフ」と表現している。

ある意味、生活レベルとしては突出した「クオリティ」が求められるクルマづりに傾注し続けてきた人物が、より生活に密着した世界観の中にあっても見事な価値を表現している。それが現在のブランド全体に共通するクオリティを磨き、高めてきた。そうしたデザイン性をアイコン化する流れが生まれたことこそが、ボルボにとってはまさに「僥倖だった」と言うべきだろうか。

誰も知らなかった「豊かな所有体験」が、近い将来楽しめるかも。
2021年6月末、ボルボはピュアEVの時代に対するデザインマニュフェストとして、新たに「ボルボ コンセプト リチャージ」を発表した。そこには「ボルボのデザインDNAの豊かなルーツが現代的かつ斬新な手法で受けつがれている」と、ペイジ氏は語っている。

最近ではXC90を始めとするボルボのさまざまなモデルに乗るたびに、ペイジ氏が生み出す新しいボルボのデザイン哲学がどんな形で量産モデルに取り入れられていくのだろうか、と勝手に想像している。そして、新時代にもたらされるであろう「豊かな所有体験」に思いを馳せ、ときめいたりもするのだ。(文:Motor Magazine編集部 神原 久)

[ アルバム : ボルボXC90とインテリアデザイン はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します