サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】中上貴晶、オランダGP初日は11番手「クリアラップが取れなかったが、フィーリングには満足」

ここから本文です

 悪天候に見舞われたMotoGPオランダGPの初日、LCRホンダの中上貴晶は、FP1を16番手、FP2を11番手で終えた。

 中上は激しいウエットコンディションとなったFP1ではフィーリングに苦しんだ。しかし徐々に路面が乾いていったFP2では、セッション終盤、スリックタイヤを装着した際に11番手タイムを記録した。

■スズキのMotoGP参戦継続は”ノーチャンス”。チームマネージャー「状況は変わっていない」

 中上は初日の走行を終え、マシンのフィーリングには満足しているとチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「今日は天候が不安定で、かなりトリッキーなコンディションでした」

 そう中上は語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン