サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1代表、焦りを見せるマゼピンを擁護「ときには一歩下がって二歩前進しなければならない」

ここから本文です
 ハースのギュンター・シュタイナー代表がドイツの放送局RTLのインタビューに応じ、波紋を呼んでいるマゼピンの発言に対してコメントした。

 2021年シーズン、ハースからF1デビューを果たしたニキータ・マゼピンは苦戦を続けている。3戦を終えて予選はすべて最下位。決勝でも開幕戦はリタイア、完走した第2戦と第3戦も最下位と、同じくルーキーのチームメイト、ミック・シューマッハーに一度も勝つことができていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン