サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2020年のF1残留が絶望的となったヒュルケンベルグ「F1に代わる選択肢なんてない」

ここから本文です
 2019年限りでルノーを離れることが決定しているニコ・ヒュルケンベルグ。彼は2020年もF1にレギュラードライバーとして留まることを望んでいるが、各チームのシートはほぼ確定しつつある。

 マックス・フェルスタッペンの2020年のチームメイトが明らかとなっていないレッドブルだが、その椅子はアレクサンダー・アルボン、ピエール・ガスリー、ダニール・クビアトの3名で争われると考えられており、それに漏れた2名がそのままトロロッソのシートに収まるものと思われる。