サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 「カッコイイ」「プロの本気」 エンジニアの趣味全開「白衣が最高になびく至高の乗り物」がTwitterで話題に

ここから本文です

「カッコイイ」「プロの本気」 エンジニアの趣味全開「白衣が最高になびく至高の乗り物」がTwitterで話題に

「カッコイイ」「プロの本気」 エンジニアの趣味全開「白衣が最高になびく至高の乗り物」がTwitterで話題に

 あるエンジニアが送風機能がついたモビリティを開発。実際に走行する様子を撮影した映像が、Twitterでカッコイイと注目を集めていました。

 投稿者は吉藤オリィ(@origamicat)さん。電動車椅子の新機構の発明に関わり、2004年の高校生科学技術チャレンジ(JSEC)で文部科学大臣賞を受賞。また、身体に重い障害がある人が絵を描く、障害や育児のため外出が困難な人が働くといったことをロボット技術でサポートする分野で研究開発を行っているエンジニアです。

デスクPCが電動バイクにトランスフォーム!? 個人が開発中の電動バイク「タタメルバイク」がおもしろスゴイと話題に

 映像はモビリティの土台になっている送風装置から風を受けて、愛用の「黒い白衣」の裾をなびかせながら颯爽と廊下を移動する様子を収録。奥まで行くとその場でUターンして戻ってくるなど、スムーズな動きを見せています。

 吉藤さんによると、モビリティはアルミフレームを組み合わせて作った土台となるフレームに、モーターや制御装置などを取り付けたシンプルな構造とのこと。操作はペダルスイッチと杖に見立てた棒の先端に取り付けたスティックで行い、暴走防止のため足元のペダルから足が外れると停止するようになっているそうです。

 この吉藤さんの趣味全開のモビリティは、「お父さん発明家」のおぎモトキ(@ogimotoki)さんと共同開発。困難を抱える人のために技術開発に取り組む吉藤さんは、自身の遊び心から開発を行うこともあり、「遊びで得た技術が真面目な事に使われ、そこで得た閃きがまた遊びに使われながら前へ進む」とも発言しています。

 動画を見た人からは「カッコいい」「プロの本気」など、「至高の乗り物」を称えるコメントが多数寄せられていました。また、「ハリーポッターに出てきそう」という感想や、T.M.Revolution 西川貴教さんや日ハムのビッグボスこと新庄剛志監督に乗ってほしいという声も。見る人のイマジネーションを掻き立てるようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します