サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、PU交換でグリッド降格へ。フェルスタッペンの“前”17番グリッドに降格へ

ここから本文です
 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1ロシアGPの予選で7番手となった。しかし決勝レースを前に、彼はパワーユニットの(PU)エレメントを一部交換したため、17番手と後方からのスタートとなるようだ。

 今回、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とタイトルを争っているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、年間の使用制限数を超えるPUを投入。それに伴い最後尾からのスタートとなった。ハミルトンのチームメイトであるボッタスもPUを交換することでグリッド降格のペナルティを受け、フェルスタッペンに“蓋”をできる位置となる17番グリッドからのスタートとなりそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ