現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > まだまだ売れてる! ホンダNボックス「現行型」、2023年7月も1.8万台を販売 軽の1位に

ここから本文です

まだまだ売れてる! ホンダNボックス「現行型」、2023年7月も1.8万台を販売 軽の1位に

掲載 61
まだまだ売れてる! ホンダNボックス「現行型」、2023年7月も1.8万台を販売 軽の1位に

2位のタントに大差をつける

執筆:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

【画像】予告! 新型「ホンダNボックス」と純正アクセサリー装着車【写真で見る】 全140枚

2023年7月の軽自動車の新車販売・車名別ランキングを、全国軽自動車協会連合会が発表した。

生産調整期間の短縮を図ったホンダNボックスが、前年同月比4.8%増(1万7919台)を達成して14か月連続での首位を獲得する。

なお、8月3日に外観と内装が先行公開されたフルモデルチェンジ車(写真)は、秋に発売される予定だ。

続く第2位には、昨年10月に一部改良を実施したダイハツ・タントが同58.1%増の1万255台を販売して前月と同位に位置。

また、第3位には同15.5%増の9804台を売り上げたスズキ・スペーシアが、第4位には同52.8%増(8189台)を登録したスズキ・ハスラーが、いずれも1ランクアップで入った。

2023年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売トップ10

1位 ホンダNボックス:1万7919台
2位 ダイハツ・タント:1万255台
3位 スズキ・スペーシア:9804台
4位 スズキ・ハスラー:8189台
5位 ダイハツ・ムーヴ:6791台
6位 スズキ・ワゴンR:6063台
7位 スズキ・アルト:5519台
8位 日産デイズ:4336台
9位 ダイハツ・ミラ:4301台
10位 日産ルークス:4033台

注目モデルの動向は?

注目モデルの動きも見ていこう。

ファッショナブル軽乗用車のラパンの販売が好調なスズキ・アルトは前年同月比8.1%増(5519台)を達成。

また、5月より販売を開始した三菱デリカ・ミニは、基本コンポーネントを共用する既存のeKシリーズとの合算で3280台と公表する。

さらに、軽EVの日産サクラは3174台、三菱eKクロスEVは446台の販売台数を成し遂げた。

一方で商用車カテゴリーでは、昨年8月にデビューした新型軽バンのスズキ・スペーシア・ベースが811台の登録を達成。

また、軽商用EVの三菱ミニキャブ・ミーブは同182.8%増の82台を売り上げる。

対して昨年12月に全面改良を実施したダイハツ・ハイゼットカーゴ/アトレーは、仕入先での火災による部品欠品の影響で生産ラインの稼働停止を強いられたために、同50.6%減(4067台)にとどまった。

なお、登録車と軽自動車を合わせた7月の車名別ランキングのトップ5は、トヨタ・ヤリスが2か月連続での首位。

以降はホンダNボックス、トヨタ・カローラ、トヨタ・シエンタ、ダイハツ・タントの順で続く。また、月間販売台数1万台超えは、登録車と軽を合わせて5車種と、生産状況の回復ぶりが伺える結果となった。

こんな記事も読まれています

マツダ新型「ロードスター」最上級&フル装備は約480万円!? 大幅改良でデザイン一新!「RF」に追加できるオプションは?
マツダ新型「ロードスター」最上級&フル装備は約480万円!? 大幅改良でデザイン一新!「RF」に追加できるオプションは?
くるまのニュース
トヨタのクロスオーバーEV、2025年までに欧州で発売へ…コンセプトカー発表
トヨタのクロスオーバーEV、2025年までに欧州で発売へ…コンセプトカー発表
レスポンス
銃弾を跳ね返す、テスラ『サイバートラック』が耐久テスト
銃弾を跳ね返す、テスラ『サイバートラック』が耐久テスト
レスポンス
F1参戦に向けてドライバーを探すアウディ。現在の本命はアルボンか
F1参戦に向けてドライバーを探すアウディ。現在の本命はアルボンか
AUTOSPORT web
F1、メルセデス代表に対する「不正疑惑は誤り」と指摘。コンプライアンス調査開始のFIAに反論
F1、メルセデス代表に対する「不正疑惑は誤り」と指摘。コンプライアンス調査開始のFIAに反論
motorsport.com 日本版
「全身センス」ってどういうことだ!? 衝撃キャッチコピーで登場した「初代プレセア」はバブルじゃなきゃ通用しないセダンだった
「全身センス」ってどういうことだ!? 衝撃キャッチコピーで登場した「初代プレセア」はバブルじゃなきゃ通用しないセダンだった
WEB CARTOP
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラが日本での予約受注をスタート
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラが日本での予約受注をスタート
カー・アンド・ドライバー
F1マドリードGP、実現は近い? 2026年からの開催で数週間以内に契約がまとまる可能性
F1マドリードGP、実現は近い? 2026年からの開催で数週間以内に契約がまとまる可能性
motorsport.com 日本版
全長5.6m超! 奇抜すぎる新型「爆速SUV」登場! カッコいい斬新「カクカクデザイン」採用した“陸上空母” ついに米で納車開始
全長5.6m超! 奇抜すぎる新型「爆速SUV」登場! カッコいい斬新「カクカクデザイン」採用した“陸上空母” ついに米で納車開始
くるまのニュース
KCMGの関口雄飛がトップタイム、岩佐歩夢5番手、プルシェール18番手|スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト:初日午前タイム結果
KCMGの関口雄飛がトップタイム、岩佐歩夢5番手、プルシェール18番手|スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト:初日午前タイム結果
motorsport.com 日本版
トラックハウス・レーシング、出場取り消しのRNFチームを引き継ぎ2024年からMotoGP参戦へ
トラックハウス・レーシング、出場取り消しのRNFチームを引き継ぎ2024年からMotoGP参戦へ
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「斬新SUV」公開! 全長4.8m超&「真一文字ライト」採用の新型「FT-3e」欧州で“再”登場! 26年までの商品計画を明らかに
トヨタ新型「斬新SUV」公開! 全長4.8m超&「真一文字ライト」採用の新型「FT-3e」欧州で“再”登場! 26年までの商品計画を明らかに
くるまのニュース
グーグルマップよりも使いやすくなった!? 進化したアップル純正「無料地図アプリ」の現在の実力とは
グーグルマップよりも使いやすくなった!? 進化したアップル純正「無料地図アプリ」の現在の実力とは
VAGUE
スズキ新型スイフト発表! ハイブリッド×MTも選べる唯一無二のスポーティなコンパクトカーへ進化
スズキ新型スイフト発表! ハイブリッド×MTも選べる唯一無二のスポーティなコンパクトカーへ進化
Webモーターマガジン
オージーケーカブトからアレイシ・エスパルガロ選手のウィンターテスト仕様グラフィックモデル「F-17 ALEIX(エフ・イチナナ アレイシ)」が12月下旬発売!
オージーケーカブトからアレイシ・エスパルガロ選手のウィンターテスト仕様グラフィックモデル「F-17 ALEIX(エフ・イチナナ アレイシ)」が12月下旬発売!
バイクブロス
原付二種オフロード車「アプリリアRX125、SX125」に新色「ホワイトワンダー」追加! ますます存在感が高まった!
原付二種オフロード車「アプリリアRX125、SX125」に新色「ホワイトワンダー」追加! ますます存在感が高まった!
モーサイ
2023秋冬バイクウェア特集:おすすめパンツ×7選
2023秋冬バイクウェア特集:おすすめパンツ×7選
WEBヤングマシン
チケット即完売の角田裕毅ファンイベント、日本全国から集まった720名が“ぶっちゃけ”トークで盛り上がる
チケット即完売の角田裕毅ファンイベント、日本全国から集まった720名が“ぶっちゃけ”トークで盛り上がる
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

61件
  • 軽の1BOXの購入で迷ったらN-BOXにしておけば
    間違いない。少なくともタントよりはコストが
    かかっているしマイナーチェンジ後のモデルは
    乗り心地や静粛性にも磨きがかかり、完成度が
    更に高まった。
  • 次期N-BOXはますます難しくなりますね
    はっきり言って現行N-BOXは価格と性能のバランスが良すぎる

    限られた軽市場でライバルも1万台レベルを保持している中で2万台の販売
    他社から市場を奪っているというよりも
    自社の保有顧客をN-BOXにかき集めている感じ

    N-BOXからN-BOXも多いと思うけど
    フィットやフリード、ステップワゴンからの乗り換えも多いのではないか
    これらかつての上位常連車種が消えている

    次期N-BOXで車両収益性の向上と同門他車とのバランスを取った価格設定(高めの設定)になれば
    ライバル並みの1万台レベルに調整できると思うけど
    そうなるとモデルチェンジ失敗のようなイメージが付いて来てしまう

    次期モデルは難しそう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村