サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヘッドライトカウル付きモデルも追加、ホンダ・レブル250がマイナーチェンジ

ここから本文です

ヘッドライトカウル付きモデルも追加、ホンダ・レブル250がマイナーチェンジ

手頃な価格や、低いシート高で人気の高い250ccクルーザーモデルのホンダレブルがマイナーチェンジし3月19日に発売されます。
灯火類のデザインが変更されたほか、使い勝手や快適性の向上が図られ、レブル250が59万9500円(税込)、レブル250 Sエディションが63万8000円(税込)となります。

デザイン:灯火類をLED化

新型レブル250の全カラーバリエーション、全タイプを写真で見る

全体のシルエットは変わっていませんが、ヘッドライト、ウインカー、テールランプにLEDを採用。ヘッドライトは4個のLED球が埋め込まれた個性的なデザインとなっています。
車体色には新色の「マットジーンズブルーメタリック」が登場。従来型から継続される「マットフレスコブラウン」「マットアーマードシルバーメタリック」と合わせて全3色がラインアップされます。

機能:操作性と快適性を向上

液晶メーターの表示内容が刷新され、ギヤポジションウインカーが表示されるようになったほか、ウインカーインジケーターは左右独立点滅式に。
また、スリッパークラッチが新採用され、急なエンジンブレーキ時などにリヤタイヤの挙動を安定化するのはもちろんですが、クラッチ操作も軽くなっています。
前後サスペンションの設定も改められ、快適性の向上も図られました。

新たに登場のSエディションとは

純正アクセサリーを最初から装着され、カスタムマシンのようなデザインに仕上げられたのがレブル250 Sエディションです。
装備されるパーツは車体色と同色のヘッドライトカウル、フォークブーツ、フォークカバー、ステッチの入ったブラウンのシートとなります。
レブル250 Sエディションは車体色「マットアクシスグレーメタリック」の1色のみとなります。

ホンダ レブル250主要諸元
【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:76.0mm×55.0mm 圧縮比:10.7 総排気量:249cc 最高出力:19kW<26ps>/9500rpm 最大トルク:22Nm<2.2kgm>/7750rpm 燃料タンク容量:11L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2205 全幅:820 全高:1090 ホイールベース:1490 シート高:690(各mm) 車両重量:170kg(Sエディションは171kg) タイヤサイズ:F130/90-16 R150/80-16

まとめ●モーサイ編集部 写真●ホンダ

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します