サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 知ってました?【東京モーターショー2019】レースやアフターパーツで有名なレイズが手掛ける純正ホイール達

ここから本文です

知ってました?【東京モーターショー2019】レースやアフターパーツで有名なレイズが手掛ける純正ホイール達

純正採用のホイールも多い名門ブランド

RAYS/レイズ

押さえておきたい三種の神器|オフロードクロカン四駆|150系ランドクルーザープラド カスタム

TMS2019 南4ホール

ボルクレーシングやグラムライツ、ベルサス、ホムラ、デイトナなど、様々なブランドを展開している「レイズ」は日本を代表するホイールメーカーだ。

アフターパーツとしてのホイール展開はもちろんだが、レイズはF1やGT1世界選手権など、国内外の様々なレースにも積極的に参戦。そこで得た技術をロードホイールのパフォーマンスへとフィードバックしている。

そのロードホイールのクオリティの高さを証明している展示を東京モーターショーのレイズブースにて発見。それは純正ホイールとして採用されたレイズ製ホイールだ。

ホイールに限った話ではないが、自動車メーカーが純正として採用する部品は、耐久性、安全性など様々な面において、ものすごく高いレベルが要求される。つまり、純正採用=それだけの技術を持ったメーカーであると証明されるようなものなのだ。

ブースに展示されていたのは鍛造製法を用いた6モデル。実は公表されてはいないが、それ以外にもレイズ製ホイールが採用されているクルマはまだまだあるそう。

ここに紹介する6モデルをネットオークションなどで手に入れて、あえて他車種で履きこなすのもカスタムとしては面白そうだ。

トヨタ/ガズーレーシング 86GR


STIパフォーマンス


インフィニティ/QX80リミテッド


日産/GT-R NISMO


日産/GT-R 50thアニバーサリー


マツダ/ロードスター 30thアニバーサリー


ベルサス初の鍛造モデルもお披露目!

VERSUS/VMF C-01
ベルサス/ブイエムエフ シーゼロワン

発表したばかりのベルサス初の鍛造モデル「VMF C-01」もブースにてお披露目。ベルサスらしいデザイン性の高さと、鍛造の機能性を兼ね備えたモードフォージドホイール。

レイズ
https://www.rayswheels.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します