サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヴィクトー・マルタンス、スタート直後の大外刈りで”一本勝ち”!|F3第3戦バルセロナレース2

ここから本文です

ヴィクトー・マルタンス、スタート直後の大外刈りで”一本勝ち”!|F3第3戦バルセロナレース2

ヴィクトー・マルタンス、スタート直後の大外刈りで”一本勝ち”!|F3第3戦バルセロナレース2

 FIA F3選手権の第3ラウンド、バルセロナ戦のレース2が行なわれ、ヴィクトー・マルタンス(ARTグランプリ)が優勝を果たした。

 24周のレースがスタートすると、素晴らしい蹴り出しを見せたのが、2番グリッドのマルタンスだった。ポールポジションのローマン・スタネック(トライデント)はすぐさまラインを変えマルタンスの前を塞ぐが、冷静にスリップストリームに入ったマルタンスはターン1のアウト側から豪快にオーバーテイクし、首位を奪った。

■岩佐歩夢、F2で初の表彰台を獲得「完璧ではなかったけど……スタートの改善に取り組んできた」

 スタネックはペースが上がらず、3番手のアイザック・ハジャー(ハイテック)からプレッシャーを受けるが、後方でクラッシュが起きてセーフティカー(SC)が出動した。

 リスタートは8周目。首位のマルタンスはDRSが再使用可能になるまでにスタネックとのギャップを1秒以上に広げ、リードを広げていく。しかし11周目に再びクラッシュが発生し、再度SC出動となった。

 15周目にレースが再開されると、マルタンスは危なげなくトップをキープ。後方では、レース1ウイナーのデビッド・ヴィダーレス(カンポス)と、ポイントリーダーのアーサー・ルクレール(プレマ)がターン1で接触し、ポジションダウン。この件は審議対象となり、ルクレールに5秒のタイム加算ペナルティが出された。

 首位のマルタンスはスタネックをDRS圏内から振り切り、リードを広げて快走。スタネック以下はDRSトレイン状態となるが、オーバーテイクを成功させ、前に出ていくことが出来るマシンはいなかった。

 結局、マルタンスは2.3秒のリードでトップチェッカー。スタネックもハジャーを抑えきって2位となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します