サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 売れ筋のコンパクトSUVなのにナゼ? 2代目日産ジュークが日本に導入されない事情

ここから本文です

売れ筋のコンパクトSUVなのにナゼ? 2代目日産ジュークが日本に導入されない事情

 個性的なルックスや際立つ走りの良さで注目された初代

 2010年に発売開始となった日産のコンパクトSUV「ジューク」は、まるで放置されているように見える。2019年9月に欧州では2代目ジュークのフルモデルチェンジが発表されたが、それが日本に導入される気配はない(もし導入予定だったら東京モーターショーに展示していただろう)。そのユニークなアピアランスによりデビュー当初はおおいに注目を集めたジュークだが、その2代目モデルが日本に導入されない理由とは何だろうか?

個性派SUVの代表格! 日産ジュークの新型モデルが欧州市場で発表

 ジュークには1.6リッターターボとリヤのトルクベクタリングを組み合わせたパワートレインを設定、さらに全身を引き締めたNISMO仕様が用意されるなどスポーツスペシャリティ的なキャラクターもある。日産のラインアップでいうと、代わりの効かないオンリーワンの製品と思える。しかし販売実績の数字を見ると、日産の国内営業がジュークという名前にそれほどバリューがないと判断しているであろうことは容易に想像できる。

 日産のクロスオーバーSUVといえばエクストレイルが思い浮かぶが、エクストレイルは毎月4000台近くの新車を販売しているのに対して、ジュークは300台少々といったレベル。こうした差が生まれるのは、エクストレイルにはハイブリッドや3列シートの設定があるといった違いによるところだろう。エクストレイルにしても2013年デビューのモデルであり、新車効果という意味ではジュークとさほど変わらないだろうからだ。

 日本市場では少数派なパワートレインもネックのひとつか

 また、コンパクトSUVカテゴリーの販売状況を見てみると、ホンダ・ヴェゼルとトヨタC-HRの二強状態となっている。ジュークのほかに、このカテゴリーに含まれるのはマツダCX-3となるが、つまり非ハイブリッドのモデルでは太刀打ちできないと見ることができる。

 欧州で発表された新型ジュークのパワートレインは1リッター3気筒ターボで、6速MTか7速DCTを組み合わせるというもの。そうしたパワートレインを求める声もあるだろうが、日本市場での商品力を考えると、ダウンサイジングターボとDCTの組み合わせというのは多数派を目指すのは難しいといえるだろう。

 C-HRが評価されたことを考えれば、新型ジュークのデザインコンシャスなスタイリングに商品力はあるだろうが、やはり「e-POWER」的なパワートレインを搭載しなければ、日本でのヒットは期待できないといえる。

 つまり、パワートレインがダウンサイジングターボだけの設定である限り、2代目ジュークを日本で売るという判断は難しい。将来的に電動化を進めたジュークが登場して日本に導入されるといったこともあるかもしれないが、現時点では新型ジュークは欧州専売モデルという位置づけである。日本では現行型を継続販売することになるだろう。商品力アップを考えると「プロパイロット」を搭載するなどのバージョンアップを期待したいところだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します