サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 緑色なのになぜ青信号と呼ぶのか

ここから本文です

緑色なのになぜ青信号と呼ぶのか

 日本人の「青」という表現は幅広い

 信号機の色は、国際的に赤、黄、緑となっている。これは、国際照明委員会(CIE)によって、信号として使える色を、赤、黄、緑、青、白に定めているなかで、信号機に割り当てられているのが冒頭の3色であることによる。したがって、英語では青信号をグリーンライトと呼んで、ブルーライトとは言わない。

【意外と知らない】信号待ちでヘッドライトを消す意味とは?

 では、日本ではなぜ緑色の信号を青と呼ぶのか。調べると諸説あるが、日本人にとって青と表現した際の色の範囲が広く、いわゆる青色はもちろんのこと、藍や緑も青と表現する言い方が古くからあったとされる。たとえば葉物の野菜を青物と言う。

おすすめのニュース

サイトトップへ