サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス代表、激怒! ”2本目のステー”許さない他チームの対応は「哀れだし、不誠実」

ここから本文です

 メルセデスのトト・ウルフ代表は、ポーパシングによるドライバーの安全性に関する議論の中で、ライバルチームの代表たちの振る舞いを激しく非難している。

 メルセデスはカナダGP前に出された技術指令を受けて、マシンに2本目のステーを追加しフロアの剛性を強化した。

■メルセデス、2本目のフロアステーをカナダGP2日目以降は取り外し……ライバルからの抗議の可能性アリ

 しかしこのメルセデスの行動には、他のライバルチームが注目。FIAがステーの追加は可能だとしたプロセスが正しかったのかどうかを疑問視した。

 安全上の理由であれば、いつでも一方的にレギュレーションを変更することができる権利をFIAは有している。

おすすめのニュース

サイトトップへ