サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「隙間」を突いてバカ売れ必至! 新登場ロッキー&ライズ「ハイブリッド」の立ち位置が「絶妙」すぎた

ここから本文です

 この記事をまとめると

■トヨタ・ライズ&ダイハツ・ロッキーは2019年11月に登場したコンパクトSUV

HVの燃費はいいがFFのみ! 逆にターボは4WDだけに! バカ売れ必至の悩ましすぎるロッキー&ライズの選び方

■2021年11月のマイナーチェンジで新開発のハイブリッドシステム「e-SMART」を搭載

■これによるコンパクトSUVの勢力図の変化について解説する

 新開発のハイブリッドシステム「e-SMART」を搭載!

 2019年11月に発売されたトヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーは、待望のコンパクトSUVということで、翌月の2019年12月の全国産乗用車販売台数でいきなりカローラの9186台に次ぐ2位(911...

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン