サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】ついにポールに届いた16号車レッドブル、過去数戦の悔しさ晴らせるか?「今までと違うレース見せられるはず」と笹原右京

ここから本文です

 オートポリスで行なわれた2021年スーパーGTの第6戦でポールポジションを獲得したのは、16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT。過去2戦で惜しくも2番手に留まっていた彼らが、ついにポールを勝ち取った。笹原右京、大湯都史樹の両名にとってもGT500初ポールだ。

 Q2のアタックを担当した笹原は、予選後記者会見で次のように語った。

■スーパーGT第6戦オートポリス予選レポート(GT500):16号車レッドブルの笹原が初のポールを獲得

「Q1で大湯選手が素晴らしいアタックをしてくれました。タイヤとクルマを信じて踏み込める状態を作ってくれたので、あとはいつも通りのアタックをするだけでした。

おすすめのニュース

サイトトップへ