サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、メルセデスからの大量引き抜きの理由は”近いから”!?「英国には有能な人材が多い」

ここから本文です
 レッドブルは、ホンダがF1活動を終了する2022年以降ホンダからパワーユニット(PU)の知的財産権を含めてプロジェクトを引き継ぎ、さらに2025年に導入される予定の次世代PU開発に向けた準備も着々と整えている。そしてこのPUプロジェクトを担当する新会社レッドブル・パワートレインズ(RBP)を設立し、PU開発施設を英ミルトンキーンズのファクトリー敷地内に建設している。

 さらに積極的に人材を集めており、メルセデスからPU開発に関するエンジニアを多数引き抜き。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン