サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 不二越:玉軸受の適用範囲を拡大する複列4点接触玉軸受

ここから本文です

ベアリング、油圧機器、カーハイドロリクスに特殊鋼など、自動車業界の幅広い分野で重要な位置を占めている不二越。そんな同社のブースで注目を集めていたのが、複列4点接触玉軸受だ。TEXT:川島礼二郎(KAWASHIMA Reijiro)

 転がり軸受へのトルク低減要求が高まっている。円錐ころ軸受では内輪つば部で滑り抵抗が大きくなる。単列玉軸受では支持剛性が不足する。そこで支持剛性を確保しつつ、円錐ころ軸受に対して大幅なトルク低減を可能にする、複列4点接触玉軸受が開発された。

マグナ:新型スープラの樹脂製バックドア

 円錐ころ軸受は高剛性だがトルクは大きい。深溝の玉軸受は点接触なのでトルクは小さいが剛性が低い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン