サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > EV時代の波に乗れ! 輸入コンパクトEVマストバイはどれ?「アイオニック5」「DS3クロスバックEテンス」「C40リチャージ」国内試乗

ここから本文です

各自動車メーカーはEVモデルのラインナップを拡大しているが、とりわけ輸入車は、デザイン性、走行性、ユーティリティ性など、ブランドの個性を押し出したモデルに注目が集まっている。ここでは、そんな個性派EVを揃え、いま選ぶべきEVモデルを考察した。

インポートEVは個性派がメインストリーム

【スクープ】フェラーリ初SUV『プロサングエ』、V12エンジン搭載で9月デビューがほぼ確定に!

EVへの関心が高まるなか、2022年はコンパクトEVの選択肢が増え、これまで以上にEVが身近な存在になる。サイズや価格が手頃なことに加えて、一世代前に比べて、バッテリー容量が増え、航続距離もパフォーマンスもワンランクアップ。

おすすめのニュース

サイトトップへ