サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FDK、車載アクセサリ向けニッケル水素電池を開発…低温環境下での放電性能向上

ここから本文です

FDKは、車載アクセサリ市場向けニッケル水素電池「HR-AAUTEW」を開発、2021年7月から量産出荷を開始すると発表した。

充電して繰り返し使用できるニッケル水素電池は、幅広い温度範囲で使用でき、リサイクル性や安全性が高いことが特長。FDKは1991年から30年間、家電・セキュリティ・医療・車載アクセサリなど様々な用途向けに、ニッケル水素電池を製造・販売している。

昨今、多様化する車載アクセサリ機器の電源バックアップや主電源用途にて、安全でより幅広い温度範囲で使用可能な電池の必要性が高まっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ