サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予算上限の引き下げについて「フェラーリはF1全体の利益のために要求を緩めた」と元チーム代表

ここから本文です
 元フェラーリのチーム代表で、現在ランボルギーニのCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、フェラーリがチームの利益のためではなく、F1の大義を優先するために予算制限についての要求を緩めたと考えている。

 現在チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、当初F1の予算制限を1億5000万ドル(約161億1600万円)から引き下げることへの了承を渋っていた。それにより、この難しい時期にフェラーリがなんとしても避けたかったレイオフ(一時解雇)を行わざるを得ないからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ