サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 関越道の立ち往生で顕在化! 緊急時にEVに求められる「命を守るための基準」

ここから本文です
 2020年12月に関越道で1000台が立ち往生し、52時間もの間多くの人が高速道路上の車内で過ごすことを余儀なくされた。

 政府は2050年に向けて電動化を推し進めるとしているが、EVが普及しても、こういった天災に関してはガソリン車と同じように降りかかる。実際の航続距離が長くても400km満たないEVでは、ガソリンで発電できるPHEVや水素で発電するFCVのように、自らで電力を作ることができず緊急時はジリ貧になるばかりだ。ガソリン車よりも厳しいと考えられる。

おすすめのニュース

サイトトップへ