サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハーツ、テスラ『モデル3』10万台導入へ…北米最大のEVレンタカー台数に

ここから本文です

ハーツ(Hertz)は10月25日、テスラのEVを10万台、レンタカーとして2022年末までに導入すると発表した。

11月上旬から年内にかけて、テスラの主力EVの『モデル3』が、米国の空港や主要都市、ヨーロッパの一部の都市でレンタルできるようになる。

ハーツはまた、レンタカーのネットワーク全体に数千の充電器を設置していく。モデル3をレンタルした顧客は、米国とヨーロッパ全体で3000か所のテスラ「スーパーチャージャー」充電ステーションが利用できる。レンタカーの予約は、ハーツのモバイルアプリで行える。

おすすめのニュース

サイトトップへ