サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > さらなる高みへ挑戦。トヨタ、WECを戦うハイパーカー『GR010 HYBRID』を正式発表

ここから本文です

さらなる高みへ挑戦。トヨタ、WECを戦うハイパーカー『GR010 HYBRID』を正式発表

さらなる高みへ挑戦。トヨタ、WECを戦うハイパーカー『GR010 HYBRID』を正式発表

 FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦するTOYOTA GAZOO Racingは、2021年シーズンを戦う新たなマシン『GR010 HYBRID』をオンラインで正式発表した。

 GR010は、2021年からWECに導入されるLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定に対応したニューマシン。これまでは、テスト用の迷彩カラーが施された画像が公開されていた。正式発表されたGR010はLMP1規定の先代マシン『TS050 HYBRID』と近い白・黒・赤のカラーを纏っているが、左右非対称で新鮮な印象の配色となっている。

■トヨタ、新時代のWEC戦う『GR010』を先行公開! LMH規定に対応しマシンを一新

 パワートレインの詳細な情報はこれまで公開されていなかったが、680PSを生み出す3.5リッターV6ツインターボエンジンで後輪を駆動。アイシンAWとDENSOが共同開発した272PSを生み出すモータージェネレーターユニットをフロントアクスルに配置するとしている。

 ドライバーラインアップは、2019-20年シーズンと同じ体制を継続。昨シーズンチャンピオンのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組が7号車、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組が8号車となる。

 GR010はすでに3回のテストを実施し、3月19日にセブリング1000マイルで開幕する新シーズンに向けて準備を進めている。

 アウディやポルシェといった同規定で争うライバルが撤退する中、WECのトップクラスを支えてきたと言ってもいいトヨタ。2021年は、トヨタと同規定のマシンを用意するグリッケンハウスやバイコレス、レベリオンが使用していたLMP1マシンを使って参戦するアルピーヌとの激しい戦いが待っているはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します