サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高速走行中が圧倒的に多い! パニック必至の「突然のタイヤのパンク」が起こる原因とは

ここから本文です

 高速道路上で起こる確率は一般道の2倍

 クルマとタイヤが高性能になって、道路の舗装がきれいになっても、パンクが身近なトラブルであることには変わりがない。2018年度のJAFのロードサービス出動理由でも、パンクはバッテリー上がりに続く2番目に多い出動理由で、年間424,877件(18.6%)もパンクでJAFにお世話になっている……。

【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

 詳しく見ると、パンクなどのクルマのタイヤトラブルには、大きな特徴があって、一般道よりも高速道路のほうが圧倒的に発生件数が多いことがわかっている。