サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型 アウディ A1 スポーツバック│エントリークラスの常識を覆す数々の装備は、ハッチバックの可能性を大きなものに!

ここから本文です

【試乗】新型 アウディ A1 スポーツバック│エントリークラスの常識を覆す数々の装備は、ハッチバックの可能性を大きなものに!

多数用意された選びきれないほどのオプション

2019年に2代目となった「A1」は、その数字が表しているように、アウディのラインナップで最も小さなコンパクトハッチバックだ。初代にあった3ドアタイプがなくなり、5ドアのスポーツバックのみの設定となっている。

カーセンサーEDGE.netはこちら

プラットフォームには、姉妹車VW ポロなどと同様の「MQB」を採用。これにより居住空間が拡大し、また運転支援システムなど先進技術の搭載が可能になった。ラインナップは当初「35 TFSI Sライン」と「35 TFSIアドバンスド」の2グレード展開だったが、2020年6月には、1Lエンジンを搭載したエントリーグレードの「25 TFSI」が追加されている。

試乗車はティオマングリーンというソリッドカラーで、ルーフ部をブラックに塗り分けたコントラストルーフの「35 TFSI Sライン」だった。

ボンネット先端に設けられた3分割スリットやワイドなCピラー、そしてリアのブリスターフェンダーなどは、1984年にデビューしたアウディにとってエポックなモデル“スポーツクワトロ”をモチーフにしたものだ。これらの要素は最新のアウディデザインとして、R8をはじめセダンやSUVにも採用されている。 ボディサイズは全長4045mm、全幅1740mm、全高1435mmで、先代では4m以下だった全長はわずかに4mを超えた。そして、ホイールベースを先代比で95mm延長したことで、後席は身長178cmの男性がゆとりをもって着座が可能な空間を確保。ラゲージスペースも先代比で65L拡大している。

インテリアの造形は、センターコンソールを運転席側へと傾斜したシンプルかつスポーティなものだ。試乗車はオプションのナビゲーションパッケージを装着しており、ドライバーの眼前に配置されたメーター類はアウディバーチャルコックピットという液晶タイプに。また、ダッシュパネル中央には、10.1 インチのタッチスクリーンのMMIナビゲーションシステムを備えていた。

エンジンは、初代の1.4Lの進化版となる1.5L直列4気筒ターボ。35TFSIは、高圧の直噴システムの採用などにより最高出力150ps、最大トルク 250N・mを発揮する。低負荷の状態で2気筒を停止する気筒休止システムのシリンダーオンデマンド(COD)を採用。トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせ、キビキビとした切れのいい走りと低燃費を両立している。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームというベーシックな構成で、Sライン用のスポーツサスペンションが備わる。足元には215/45の17インチサイズのブリヂストン製のTURANZA T005を装着していた。これは、操縦安定性とウエット路面での制動性能の両立を狙って欧州車向けに開発されたタイヤだ。

タイヤがひと転がりしただけで、滑らかさが伝わってくる。エンジンはものすごくパワフルというわけではないが、アクセル開度に合わせてしっかりと速度がのってくる。

7速Sトロニックもリズムよくシフトアップする。スポーツサスペンションのため低速域では少々突き上げ感があるが、速度域が高まるとコンパクトハッチバックであることを忘れさせる直進安定性とスタビリティの高い旋回性能を見せる。 A1には、全長4mというコンパクトボディに、クラスを超えた上級モデルなみの装備や走行性能がつまっている。しかし気になるのは、395万円という車両価格だ。試乗車にはナビゲーションパッケージをはじめ、Bang&Olufsenサウンドシステムやスマートファンインターフェイス、Sラインインテリアパッケージなど、総勢約100万円のオプションが搭載されていた。

ただし、それくらいの予算があれば、モデルチェンジを控えたモデル末期の兄貴分、A3なら2020年式で走行距離の少ない物件が選びたい放題だし、3年落ちくらいまで視野を広げれば、RS3だって射程圏内に入ってくる。新車はもちろんもいいけれど、中古車も悪くないかも。 新型アウディ A1 スポーツバックの中古車を探す▼検索条件新型アウディ A1 スポーツバック × 全国文/藤野太一、写真/柳田由人

初代のアウディ A1 スポーツバックの中古市場は?

3ドアであるアウディA1の5ドアモデルとして登場したA1スポーツバック、新車価格250万円からのエントリーモデルとして2012年から2019年まで販売されていた。現在の中古車市場では60万円から選べ、平均価格は170万円ほど。バックカメラなど便利装備を搭載した物件は140万円以上に多く見られる。赤や白、黒といった標準的なカラーの他に、アウディらしいグレーや青なども見つけることができる。 初代アウディ A1 スポーツバックの中古車を探す▼検索条件アウディ A1 スポーツバック(初代) × 全国写真/アウディ【試乗車 諸元・スペック表】●35 TFSI Sライン型式3BA-GBDAD最小回転半径5.1m駆動方式FF全長×全幅×全高4.05m×1.74m×1.44mドア数5ホイールベース2.56mミッション7AT前トレッド/後トレッド1.51m/1.49mAI-SHIFT-室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS-車両重量1220kgシート列数2最大積載量-kg乗車定員5名車両総重量-kgミッション位置フロア最低地上高0.17mマニュアルモード◯  標準色コルティナホワイトオプション色ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、グレイシアホワイトM/ミトスブラックM、ターボブルー、ターボブルーM/ミトスブラックM、ミサノレッドパールエフェクト、ミサノレッドPE/ミトスブラックM、ティオマングリーン、ティオマングリーン/ミトスブラックM、バイソンイエローメタリック、バイソンイエローM/ミトスブラックM、クロノスグレーメタリック、クロノスグレーM/ミトスブラックM掲載コメント-型式3BA-GBDAD駆動方式FFドア数5ミッション7ATAI-SHIFT-4WS-標準色コルティナホワイトオプション色ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、グレイシアホワイトM/ミトスブラックM、ターボブルー、ターボブルーM/ミトスブラックM、ミサノレッドパールエフェクト、ミサノレッドPE/ミトスブラックM、ティオマングリーン、ティオマングリーン/ミトスブラックM、バイソンイエローメタリック、バイソンイエローM/ミトスブラックM、クロノスグレーメタリック、クロノスグレーM/ミトスブラックMシート列数2乗車定員5名ミッション位置フロアマニュアルモード◯最小回転半径5.1m全長×全幅×全高4.05m×1.74m×1.44mホイールベース2.56m前トレッド/後トレッド1.51m/1.49m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量1220kg最大積載量-kg車両総重量-kg最低地上高0.17m掲載用コメント-エンジン型式DAD環境対策エンジン-種類直列4気筒DOHC使用燃料ハイオク過給器ターボ燃料タンク容量40リットル可変気筒装置◯燃費(JC08モード)17.3km/L総排気量1497cc燃費(WLTCモード)15.6km/L└市街地:11.7km/L└郊外:15.8km/L└高速:18.1km/L燃費基準達成H27年度燃費基準達成車最高出力150ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm250(25.5)/3500エンジン型式DAD種類直列4気筒DOHC過給器ターボ可変気筒装置◯総排気量1497cc最高出力150ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm250(25.5)/3500環境対策エンジン-使用燃料ハイオク燃料タンク容量40リットル燃費(JC08モード)17.3km/L燃費(WLTCモード)15.6km/L└市街地:11.7km/L└郊外: 15.8km/L└高速: 18.1km/L燃費基準達成H27年度燃費基準 達成車

カーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します