サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 0024ワークスZ900RS(カワサキZ900RS)ワイヤスポークホイールを履きこなすロードスター【Heritage&Legends】

ここから本文です

0024ワークスZ900RS(カワサキZ900RS)ワイヤスポークホイールを履きこなすロードスター【Heritage&Legends】

細かいパーツ選択によって雰囲気を変えていく
カワサキZ900RSに乗るオーナーも多く集まるという、富山の0024ワークスによるZ900RS。2021年3月15日の本項で紹介した同店・大西さんのZ900RS(’20-’21年型キャンディトーングリーンベース)同様に、セパレートハンドル+アメリカンドリーム製カフェレーサーカウルを装着するという特徴こそ共通しているのだが、両車を見比べていけば、意外と異なる部分も多いことに気がついてくる。

「この車両ではオーナーさんが赤と黒が好きだということで、赤ストライプでタイガーパターンを施しました。BEETステップも同様にカラーオーダーで赤×黒としています」と0024ワークス・大西さん。ハブやニップルをレッド、スポークはブラックトーン、リムもブラックとした構成によるワイヤスポークのホイールはこの車両の最大の特徴になるだろうか。

ホンダ「GB350 S」誕生! スタンダードモデルのGB350とともに詳細発表

「ちょうどリムキットが出ていたので、履いてみたんです。少し重くはなりますけど、ルックスはほかにないものになりました」(同)というように、これは注目しておきたい部分。空冷ZをオマージュしたZ900RSが、かつてのゼファー1100RSのように純正採用していてもおかしくないと思わせるほどに合っている。

カフェレーサーカウルは大西さんのZ900RS同様に0024ワークス製ステーで装着されるが、これもよく見ると取り付け位置が違うようだ。

「両車でセパレートハンドルの垂れ角が違っていて、私の車両の方がより低くなっています。それでこちらは狙ったハンドル角度に合わせて、カウル位置も少し高くなるようにしています」(大西さん)とのこと。よく見比べてこそ違いに気がつくが、それは指向の違いによるもので、セットアップの範囲。ここでも各車に合わせた作り込みのセンスが垣間見える。

ところでこの車両、撮影時点ではまだ完成ではないのだともいう。「今後はビチューボの赤いリヤショックや、フロントカートリッジキットを入れて、ブレーキライン等も換えていきます」(同)とのことで、それらが付いてより完成に近づいた姿も、ぜひ見てみたい。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します